Skip to content

ようこそ

山中研究室のウェブサイトへようこそ。当研究室は、2009年より開始した環境DNA分析の技術開発を継続しています。採取した水試料から魚類等の大型水棲生物に由来するDNAを回収して生息している生物種を推定するというこの技術は、現在、学術分野のみならず、環境保全や水産資源管理の現場で利用され始めています。基礎技術の精緻化と新規開発を推し進めるとともに、 自治体や企業との共同研究を通して 技術の社会実装を積極的に進めています。

龍谷大学の産学連携の中枢である RECがとりまとめ役となって「環境DNA実用化研究会」を 定期的に開催して企業への技術シードの還元を行う一方で、新たに設立された生物多様性科学研究センターは、社会実装に向けた共同研究・共同調査の窓口としての活動を開始しています。当研究室はこれらの活動を技術の面から全面的にバックアップしています。